効果を知ろう

サプリ

乳酸菌サプリを摂取することでの効果としてまず挙げられるのが、お腹の調子を整えてくれるという点です。腸内には9000兆個もの腸内細菌が住み着いていると言われ、その中には体にとって悪影響を与える物質を作り出す菌もいれば、腸内環境を整えたり免疫力を高めたりする菌もいます。乳酸菌は腸内にいる悪玉菌の繁殖を抑えてくれて、腸内にいる菌のバランスを整える効果があります。また最近では、乳酸菌を摂取することにより内臓脂肪が減るという効果が確認されています。腸は、免疫細胞のバランスを整える作用があることから、国民病でもある花粉症などのアレルギー症状にも有効であるとされ、乳酸菌サプリを日頃から摂取することで様々な体によい効果が期待できます。

いつ摂取してもいいの

錠剤

サプリメントは薬などとは違い、基本的にはいつ摂取しても良いとされています。しかし乳酸菌サプリを摂取する際には、食後に服用することをおすすめします。乳酸菌やビフィズス菌などの腸内で善玉菌と働く菌は、胃酸に弱いとされています。多くの商品が腸内まで届きやすいように工夫がされていますが、それでも多くが胃酸によって死滅してしまいます。少しでも胃酸の影響を受けにくい状態とするために、胃酸が薄まる食後に摂取することで腸まで届きやすくなります。

携帯にも便利

サプリ

乳酸菌を使った食品は多くあり、日頃から乳酸菌を摂取するためにヨーグルトやヨーグルト飲料を摂取している人も多いことでしょう。自宅であればこのような食品によって乳酸菌を摂取することができるのですが、外出先ではヨーグルトを持ち歩くのは難しく、夏場ではすぐに傷んでしまいます。外出先でも乳酸菌をしっかりと摂取したい人に最適なのがサプリメントです。サプリメントは錠剤や粉末タイプがあり、水さえあれば外出先でも手軽に摂取することができます。これが乳酸菌サプリの大きな特徴とも言えるでしょう。

多くの乳酸菌を摂取することが可能

サプリ

乳酸菌を摂取することで、腸内環境を整えてくれます。その他にも、免疫力の強化、アレルギー予防、胃がんや大腸がんのリスクを軽減させる効果も期待できます。さらに、サプリであることで、外出でも手軽に摂取できるというメリットもあります。この他にも乳酸菌サプリを利用することでの大きなメリットが、多くの乳酸菌を摂取できるという点です。ヨーグルトにも乳酸菌が含まれていますが、多くても100gで数十億個です。しかし、乳酸菌サプリであれば、多くの商品で100億個以上もの乳酸菌が配合されています。手軽に摂取できる上に大量の乳酸菌を一度に摂取できるので、胃酸にも負けず、生きたまま腸に届く乳酸菌も増えることが乳酸菌サプリの大きな利点でしょう。

広告募集中